チョイデブバイクライフ

「え~! バイクに乗ってるの!? 意外!」

って、言われるんですよね。僕って結構(笑)。

この間も仕事先の人と飲みに出かけて「バイクに乗って出かけることが多いから普段はあんまり飲まないんですよね~」なんてことを言ったら色んな人に驚かれちゃいましたよ。特に女性に。そんなに意外なんですかねぇ?

そりゃあたしかに服装的に“バイク乗り”っていうアピール感は全然ないと思います。普通の時も、バイクに乗る時も、格好はカジュアル。靴だってスニーカーですよ。ネイキッドやスーパースポーツに乗ってガッチガチのライダースタイルに身を包んでいる人からしたら、僕みたいな格好は邪道かも(苦笑)。唯一バイクに乗ってるときにバイクらしいものといえば、ヘルメットとグローブぐらいでしょう。

体格も“バイク乗り”っぽくないんだろうなぁ。僕はいわゆる小太り君。服装もだぼだぼ系。学生時代の合コンとかじゃ「オタクっぽーい」なんて言われることも多かったなぁ。やかましいやーい(笑)。

好きに乗ってもいいじゃないか

まぁ、バイク歴自体もまだまだ浅いし、免許は普通自動二輪免許のみ。乗ってるバイクは軽二輪。大型? 興味ないなぁ(笑)。だって排気量そんなにいらないですもん。軽自動車以上の排気量ってどんだけですか(汗)。そりゃあ、ちょっぴり乗ってみたい気はするけど。ハーレーとか格好良いよねっ。

でも、なんだかんだで今のバイクで十分満足して10年、20年と経っていそうですね。カワサキの250TR。大型はもちろん400ccも欲しいとは思ってないし、何より250TR以外のバイクについてよく分からないし。

好きに乗っていいじゃんって思いますよ。バイクって。もちろん、常識の範囲内でという意味と、他車への思いやりを持った上でですけどね。この2つがしっかりと守られていれば、どんなバイクにどんな格好で乗ってもいいじゃん。

「そんな格好じゃ危ないよ!」と、口うるさく言われたことはあります。バイク屋さんで知り合ったスーパースポーツ乗りの人にです。でも、僕は言ってやりましたよ。

「大丈夫ですよ。僕はあなたみたいに時速○○○kmで公道を走ったりしないし、カーブにあえて速度を上げて進入したりしませんし。追い抜きだってしませんから」

相手はぐうの音も出なかったですよ~。